comp logo

お知らせ

プロマウンテンランナー吉住友里さんが6/8開催のトレイルランニングレース「奥信濃100」で女子総合優勝!

Sponsorship

こんにちは!COMPの編集室です。   COMPではアスリートをはじめ、 多くの活動をスポンサーシップ・サポートしています。   うれしいニュースをシェアさせてください。   先日こちらの記事でご紹介した、プロマウンテンランナー吉住友里(よしずみ ゆり)さんが、 6月8日(土)に長野県木島平村で開催された、トレイルランニングレース奥信濃100に出場。 100kmを10時間55分30秒で完走し、大会新記録で女子総合優勝を果たしました!     男女合わせて総合でも5位とのことです。   見事な結果に、お付き合いさせていただいているCOMPとしても鼻高々です。   8月末にはフランス、イタリア、スイスの山々を走る、 世界最高峰のトレイルランニングレースUTMB(ウルトラトレイル・デュ・モンブラン)シリーズの 100kmカテゴリーCCC(クールマイヨール→シャンペクス→シャモニー)への参加を予定している吉住さん。   今後も期待が高まります!     <吉住さんコメント> 「久しぶりの100kmレースで、最後まで脚がもつかどうか不安もありましたが、 初めて100kmを最後までしっかり走りきれ、タイムも総合順位も上出来過ぎるくらい頑張れて、 満足のいくレースができました。   奥信濃100は初めての出場でしたが、木島平村は以前から大好きで 短いレースや練習では何度も来ています。   ガツンと登って下る、高井富士とも呼ばれる高社山(こうしゃさん)や、 沢沿いを登るマイナスイオンがいっぱいの気持ち良いトレイル、 美しいブナ林のふかふかトレイル、長い長い心が折れそうになる林道、 田園の中を走る区間、最初と最後のスキー場のゲレンデ直登など、 辛さやしんどさも含め、100kmの長い旅を存分に楽しめました。 CCCに向けて、よい弾みとなるレースができてうれしかったです!」     この投稿をInstagramで見る   吉住 友里(@yuri.yoshizumi)がシェアした投稿   これからも吉住さんの活躍にご注目ください。   >> 吉住友里さん 公式Instagram https://www.instagram.com/yuri.yoshizumi/ >> 公式YouTubeチャンネル「ずーみんチャンネル」 https://www.youtube.com/@yurimountainrunner     今回も最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

もっと見る

スカイランナー池神悠希さんが5/25開催の「経ヶ岳バーティカルリミット」で優勝!

Sponsorship

こんにちは!COMPの編集室です。   COMPではアスリートをはじめ、 多くの活動をスポンサーシップ・サポートしています。   うれしいニュースをシェアさせてください。   先日こちらの記事で紹介した、スカイランナーの池神悠希(いけがみ ゆうき)さんが、 5月25日(土)に長野県上伊那郡で開催されたスカイランニングの大会、 「経ヶ岳バーティカルリミット」ロング21kmで見事優勝しました!   標高2,296mの中央アルプス経ヶ岳(標高2,296m)の山頂に向かって、 一気に駆け登って、駆け下ってくるレースです。   晴天のもと、池神さんは21kmを3時間15分で駆け抜けました。   表彰式の様子。長野県南箕輪村の公式キャラクター、まっくんも駆けつけました   今後も池神さんの活躍にご注目ください。     >> 池神悠希さん 公式Instagram https://www.instagram.com/ikgm.gmik/ >>所属チーム「SC丹沢秦野」池神さん紹介ページ https://www.sctanzawahadano.com/2022/07/18/%E6%B1%A0%E7%A5%9E-%E6%82%A0%E5%B8%8C-yuki-ikegami/   今回も最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

もっと見る

【100kmレースで世界を目指す】トランスグランカナリア126kmで6位入賞を果たしたプロマウンテンランナー吉住友里さんをご紹介

Sponsorship

こんにちは!COMPの編集室です。   COMPではアスリートをはじめ、 多くの活動をスポンサーシップ・サポートしています。   今回は2024年2月にスペインのグランカナリア島で開催された トレイルランニング大会126kmレースで見事6位入賞を果たした、 マウンテンランナーの吉住友里さんをご紹介します!   <目次> 1. 吉住友里さんって、どんな人? 2.2ヵ月間に渡る海外遠征 inヨーロッパ 3.トランスグランカナリアのClassic 126kmを6位で完走! 4.2024年3月24日開催のOSJ新城32kmで見事優勝! 5.吉住さんのお気に入りCOMP     ・吉住友里さんって、どんな人?     吉住友里(よしずみ ゆり)さんは1986年生まれ。 大阪府出身のプロマウンテンランナーです。   大学時代に友人に誘われて出場したハーフマラソンがきっかけで 走ることにはまり、 フルマラソンやロードレースに数多く出場するようになった吉住さん。 2013年北海道マラソンでは、フルマラソンでの自己ベスト、 2時間37分56秒をマークします。 陸上競技経験ゼロからのスタートだったというから驚きです。   2016年、山を走る魅力にひきこまれ、 山野を走るトレイルランニングや、 標高2,000mを越える山を駆け登り駆け下るスピードを競うスカイランニングなど 山岳ランニングレースに出場するようになると、 めきめきと頭角を現し、国内トップランナーとなります。   そして、日本代表として数々の世界選手権に出場。   2021年には、スカイランニングの種目のひとつである、 バーティカルキロメーター(略称VK。5km以内の距離で 標高1,000mを一気に駆け上がる、上りだけの競技)の オープンチャンピオンシップスで世界一となります。   プロマウンテンランナーとして競技中心の活動をする傍ら、 理学療法士の経験を活かし、走らないランニング教室やグループレッスン、 パーソナルコーチングなどを行っています。   現在は、距離や種目にとらわれず、超ロングレース(100マイル160km)や、 高層ビルの階段を駆け登り速さを競うステアクライミングなど、 幅広いジャンルにチャレンジし、世界一を目指しています。   ・2ヵ月間に渡る海外遠征 in ヨーロッパ   https://youtu.be/xe6lCS5ncUc?si=B1XGWkAKvZryTW8t ↑【スペシャルカーで巡った2023海外遠征】前半 ↓【スペシャルカーで巡った2023海外遠征】後編 https://youtu.be/yQETBtjadDA?feature=shared   吉住さんは2023年夏、3回目となるヨーロッパ遠征で、 8/8~10/11の約2ヵ月間、スイス、フランス、イタリア3ヵ国に滞在。 イタリアを拠点とし、9レースに出場しました。 9レースのうち、フランスで行われた2レースは、100kmを越えるロングレースです。   遠征に同行するのは、マネージャーの櫻井美樹さんと、 櫻井さんの愛犬ハナちゃん。   2023年の海外遠征の様子が上記の動画(吉住さんの公式YouTubeチャンネル)で紹介されています。 海外レースの盛り上がりぶりや、海外での吉住さんの生活、 かわいい人気者ハナちゃん、ヨーロッパの美しい山々を、 前編・後編ともにぜひご覧ください。   後編は見るだけで感動してしまうほどの絶景のオンパレードです!   世界のランニングレースはどんどんスピード化が進んでいて、 山岳ランニングレースも例外ではありません。   世界レベルの速さ・強さ・タフさを目の当たりにし、 「100kmレースを極めたい」という思いを強くした吉住さん。 自身のこれからの課題として、 走力プラス総合力の底上げの必要性を感じたそうです。   「ロングレースになればなるほど、走力だけでなく、 レース中の補給、水分摂取、トレッキングポールの使用、天候に対する適応力、 夜間走、いろいろな路面や山での経験値など、 総合的な力が必要になります。   一筋縄ではいかない難しさがあるからこそ、 やりがいがあり、面白さ、魅力があります。 これから経験を積みながら強くなっていきたいです。」   レース以外にも、トレーニングでヨーロッパの山々を走ったり、 現地の食材を調達して料理を楽しんだり、 現地の方々との交流など、人生を豊かにするような、 かけがえのない時間を過ごしました。   吉住さんの進化と挑戦は、これからも続きます。   ・トランスグランカナリアのClassic 126kmを6位で完走!     この投稿をInstagramで見る   吉住 友里(@yuri.yoshizumi)がシェアした投稿   2024年2月にスペインのグランカナリア島で開催された、 トランスグランカナリアのClassic 126kmに吉住さんが出場。 19時間06分33秒で完走し、見事に6位に入賞しました!   トランスグランカナリアは、世界的にメジャーなレースで、 トレイルランニング界のビッグイベントです。   そんな名高いレースでの素晴らしい結果。うれしい限りですね。     ・2024年3月24日開催のOSJ新城32kmで見事優勝!       この投稿をInstagramで見る   吉住 友里(@yuri.yoshizumi)がシェアした投稿   トランスグランカナリアでの吉住さんの活躍に、沸き立つCOMPの編集室でしたが、 畳みかけるように、うれしいニュースが飛び込んできました!   2024年3月24日(日)に愛知県新城市で開催された、 OSJトレイルランニングシリーズ第2戦である大会「OSJ新城32K」に吉住さんが出場。   32kmを4時間34分25秒で走破、見事優勝しました! おめでとうございます!!   新城のコースは、岩場や林道、くさり場、急な登りと下りの繰り返しで、 とてもテクニカル。まるでアルプスのようなコースで、 32kmで累積標高2,500mという、タフなコースです。   吉住さんは、2022年にこの大会を大会記録で優勝。 昨年は土砂降りでずぶ濡れになり、あまりの寒さに体温を奪われ、 無念の途中リタイアという結果に終わりました。   今年もあいにくの雨予報の中、吉住さんは昨年のトラウマを払拭すべく、 今年は「まずは、怪我なく完走」という目標を掲げて臨んだそうです。   幸いなことに大会当日の雨はそこまでひどくはなかったものの、 前日からの雨で足場も悪く、かなり滑りやすくなっていたそうですが、 最後までしっかり走り切り、目標としていたタイムより早くゴール。   「雨のため難しいコンディションでしたが、タイム的にも良い結果でした。 久しぶりの優勝は嬉しかったです!」   と笑顔で語る吉住さんに、期待が高まります。   2024年もシーズンインして、休む間もなく、連戦を控えています。 2024年の吉住さんの活躍に、ぜひご注目&応援をお願いします!   ・吉住さんのお気に入りCOMP   吉住さんは、もともと、「必要な栄養は食事からとりたい」と、 粉末タイプの栄養食はとらない派だったとのことです。   年齢が上がるにつれて疲労回復のスピードが遅くなり、 吸収率やリカバリーを考えると、粉末タイプの栄養食を うまく取り入れたいと思い始めたときに、COMPと出会ったそうです。   「ビタミンやミネラルがバランスよく含まれ、 不足しがちな栄養素を補うのに最適です! いろいろなフレーバーがあり、甘すぎずすっきり飲めるところもよいですね。 めちゃくちゃ美味しいので本当にありがたいです!」   吉住さんは抹茶好きだそうで、抹茶がお気に入りとのことでした。   「COMPブロックも、アーモンドカカオ味でおいしくて、 1個100kcalで、補給食として計算しやすいのもうれしいです! それからなんといってもアイス! 特に美味しくて、これで身体にいいなら最高!という感じです!」   COMPを喜んでいただけてなによりです!   ◇COMP Powder TB Matcha COMP パウダータイプ トータルバランスドモデル 抹茶   ・1袋1食分、400kcal ・香り高い抹茶とサンテアニン®を配合 ・たんぱく質20g ・総ポリフェノール含有量:447g(400kcalあたり)   さらに詳しい情報はこちら https://www.comp.jp/products/comp-powder-tb-matcha/   ◇COMP Block TB COMP ブロック トータルバランスドモデル   ・1個あたりちょうど100kcal ・個包装で持ち運びにも便利 ・ココアパウダーとアーモンドが織り成すビターな香り ・総ポリフェノール含有量:194g(1個あたり)   さらに詳しい情報はこちら https://www.comp.jp/products/comp-block-tb/   ◇COMP Ice TB COMP アイス トータルバランスドモデル   ・1カップあたりちょうど220kcal ・冷凍庫から取り出して食べるだけ。 ・ソイミルク風味のアイスクリームタイプ ・総ポリフェノール含有量:194g(1個あたり)   さらに詳しい情報はこちら https://www.comp.jp/products/comp-ice-tb/   >> 吉住友里さん 公式Instagram https://www.instagram.com/yuri.yoshizumi/ >> 公式YouTubeチャンネル「ずーみんチャンネル」 https://www.youtube.com/@yurimountainrunner   今回も最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

もっと見る

【てっぺんまで駆け登れ!】2024年世界選手権の日本代表スカイランナー、池神悠希さんのご紹介

Sponsorship

こんにちは!COMPの編集室です。   COMPではアスリートをはじめ、 多くの活動をスポンサーシップ・サポートしています。   今回は2024年スカイランニング世界選手権の日本代表に選出された 池神悠希さんをご紹介します!   <目次> 1.池神悠希さんって、どんな人? 2.スカイランニングって何? 3.世界選手権 日本代表に選ばれました! 4.池神さんのお気に入りCOMP 5.2024年、幸先のいいスタート!   ・池神悠希さんって、どんな人?     池神悠希(いけがみ ゆうき)さんは1993年生まれ、東京都出身。 JSA(日本スカイランニング協会)公式のスカイランニングチーム、 「SC丹沢秦野」に所属しています。   大学時代には城西大学の女子駅伝部に所属し、 全日本大学女子駅伝へ複数回出場経験がある池神さん。 卒業後は富山県の実業団に所属したものの、 思うような結果を出せず、いったん競技から離れました。   その後、フィットネスクラブに就職。 趣味としてランニングを再開する中で、 トレイルランニング、スカイランニングに出会います。 競技のおもしろさと珍しさにすっかり魅了され、 世界選手権出場を目指して活動を始めました。   競技の傍らで、 整形外科でのリハビリ助手、トレーナーとしての仕事と両立しながら、 日々のトレーニングとレースへの挑戦に励んでいます。   ・スカイランニングって何?   https://youtu.be/Eze5LAFeFw4?feature=shared 2024 SJS CALENDAR/スカイランナージャパンシリーズ   スカイランニングは、山岳やタワーを空に向かって駆け登るスポーツです。   この、「空に向かって駆け登る」ことから、 イタリアの登山家によって「スカイランニング」と名付けられました。   最初の世界選手権は1998年にイタリアにて行われました。 日本でスカイランニングの全日本選手権がスタートしたのは2015年で、 比較的新しいスポーツです。   スカイランニングは、<山岳、雪上、階段> の3つの分野に分かれています。 山岳種目には、「SKY・SKYULTRA・VERTICAL」の3つの種目があります。   日本スカイランニング連盟による公式の競技説明は以下の通りです。   <山岳種目(スカイランニング)> ・SKY(スカイ)– 中距離レース/累積標高差1200m以上/距離20km-45km ・SKYULTRA(スカイウルトラ)– 長距離レース/累積標高差3000m以上/距離50-80km ・VERTICAL(バーティカル) – 駆け登りレース/平均20%以上の傾斜/一部は33%以上を含む     スカイランニングのコースには、最大斜度が40度近くになるような、 急な斜面があることもあります。   池神さんも、初めて出場した際は、 「この斜度を走るって、どういうこと!?」と衝撃を受けたそうです。     ・世界選手権 日本代表に選ばれました!     山を走り始めた当初は、マラソンのタイムをあげるためだったそうですが、 走っていく中で、「ああ、山の競技も面白いな」と思うようになり、 スカイランニングという競技に出会います。   2020年の東京バーティカルで3位入賞し、手ごたえを感じます。 この実績から、スカイランニング協会の強化指定選手として選ばれたことで、 世界を目指すようになりました。   競技と向き合う中で、山を走るかっこよさ、 ありえないほどの斜度に耐えたあとの達成感の格別さ、 そして目の前に広がる山の景色。スカイランニングに夢中になっていきます。   すっかり山が大好きになり、山の練習ををメインとするために、 魅力ある山々に囲まれた秦野市に移住。   2022年には、東京バーティカル、蔵王バーティカル、烏帽子バーティカルで優勝を果たし、 スカイランナージャパンシリーズ バーティカル年間ランキング1位という華々しい結果を残しました。   2020年に東京バーティカルで3位入賞した経験が、スカイランニングに夢中になるきっかけになりました   2023年10月には、スカイランニング発祥の地であるイタリアで行われるレースに出場。 池神さんにとって初の海外遠征で、「世界のレースを自分の目で見たい。」という夢を叶えました。   着々と歩みを重ね、2024年。 目標としていたスカイランニング世界選手権に、日本代表として選出されました!   2023年からお付き合いさせていただいているCOMPにとっても、 なんともうれしいニュースです。     ・池神さんのお気に入りCOMP   スカイランナーの生活には、タフさが求められます。   競技と仕事の両立が必須という環境で、 年間のレースの本数が多く、連戦を戦い抜くスタミナが必要です。   池神さんは、過去に、70kmのレースに挑戦し、低体温で途中棄権に終わった、 という苦い経験があり、自身の課題として「スタミナ不足」を感じていました。   「筋力やスタミナをいかに高めるか、 疲労をいかに回復するか、 いかに元気であり続けられるか。 この3点が、競技の継続と成長のポイントになると思っています。 そのためにも、栄養補給に力をいれたい。 かといって、仕事もしているので、食事の回数を増やすことが難しく、 食事のとり方に工夫が必要だと思っていました。   また、血液検査をしたところ、 『フェリチン・貯蔵鉄』というスタミナに関わる数値が低かったんです。 血液状態の改善も、どれだけ栄養補給がしていけるかが肝でした。   日々の栄養補給をしっかりしていきたいときに、COMPはとても便利です。 糖質・たんぱく質ともに不足しがちなので、 COMPの完全栄養食モデルを、食事にプラスしています。」 と語る池神さん。   毎朝、朝ごはんにCOMPの完全栄養食モデルをプラスして、栄養チャージ。 練習の強度やレースの有無によって、昼や夜も食事にCOMPをプラスしているそうです。 仕事中の栄養補給の際はCOMPドリンクも使っているとのことでした。   ◇COMP Powder TB Plain  COMP パウダータイプ トータルバランスドモデル プレーン   ・1袋1食分、400kcal ・ノンフレーバー(無香料) ・たんぱく質20g ・総ポリフェノール含有量:395g(400kcalあたり)   さらに詳しい情報はこちら https://www.comp.jp/products/comp-powder-tb/   ◇COMP Drink TB  COMP ドリンク トータルバランスドモデル   ・1本1,000ml。1mlあたり1kcal ・注いで飲むだけの手軽さ。 ・口当たりよく、まるで豆乳のようななめらかさ。   さらに詳しい情報はこちら https://www.comp.jp/products/comp-drink-tb/   ・2024年、幸先のいいスタート!     池神さんの2024年シーズンのスタートは、神奈川県伊勢原市で3月10日に行われた「大山登山マラソン」で、結果は見事優勝!   「世界で戦える選手になる」という目標に向かって、幸先のいいスタートを切った池神さんの2024年の活躍に、ぜひご注目ください。   >> 池神悠希さん 公式Instagram https://www.instagram.com/ikgm.gmik/ >>所属チーム「SC丹沢秦野」池神さん紹介ページ https://www.sctanzawahadano.com/2022/07/18/%E6%B1%A0%E7%A5%9E-%E6%82%A0%E5%B8%8C-yuki-ikegami/ 今回も最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。       この投稿をInstagramで見る   池神悠希(@ikgm.gmik)がシェアした投稿     ※本ページの全ての写真はすべて 「SC丹沢秦野」公式サイトおよび池神さんよりお借りしています。 二次利用等はお控えいただけますと幸いです。

もっと見る

【日本人初!ヒマラヤ横断およそ1,700kmレースに挑戦】アドベンチャーランナー北田雄夫さんのご紹介!

Sponsorship

こんにちは!COMPの編集室です。   COMPではアスリートをはじめ、 多くの活動をスポンサーシップ・サポートしています。   今回は4月から開催のヒマラヤ横断およそ1,700kmのレースに挑む アドベンチャーランナー、北田雄夫さんをご紹介します。   <目次> 1.北田雄夫さんって、どんな人? 2.アドベンチャーマラソンって何? 3.Great Himal Raceへの挑戦 4.北田さんと一緒にいくCOMP 5.一緒に北田さんの冒険を応援しよう!   北田さん、知ってるよ! アドベンチャーマラソン、知ってるよ! という方は、ぜひ Great Himal Race からご覧ください。     ・北田雄夫さんって、どんな人?     北田雄夫(きただ たかお)さんは1984年生まれ、大阪市在住。 アドベンチャーランナー。   COMPとのお付き合いは2018年からのお付き合いとなります。   幼いころから貧血持ちで、暑さに寒さにも弱かったという北田さん。   学生時代は短距離選手として日本一を目指すも、志半ばで挫折し、 就職して一度は運動から離れました。   30歳になったとき、「誰もやってないことを成し遂げたい!」との 思いを抑えきれず、脱サラしてアドベンチャーマラソンに参戦します。   始めた当初は成績を残せず、周囲の人に理解されず、貯金は激減し、 辛い日々を送ったそうです。   厳しい自然環境の中で、熱中症、凍傷、感染症になりながらも、 2017年に世界7大陸のレースを日本人初走破という快挙を達成。   現在はサハラ砂漠1,200km、極寒アラスカ1,600km など、 日本人初の領域に挑み続けています。   ・TV「情熱大陸」出演 ・著書「地球のはしからはしまで走って考えたこと」集英社 https://www.amazon.co.jp/dp/408788046X     ・アドベンチャーマラソンって何?   危険な虫や獣などがいたペルーのアマゾン。どうにか無事に生還。   南極の船から。氷の海をかき分けながら進む光景は、幻想的でしかない。   アドベンチャーマラソンは、世界で最も過酷なマラソン競技です。   雪山や砂漠、南極など、壮大な大自然を舞台に行われます。   距離は200kmから1000km以上、 期間は3日間から数ヶ月になることも、 大会によってさまざまです。   参加条件は、自己責任のもとに参加できること。 大会によっては、極地での経験やレース実績が求められます。   そして、賞金はありません。   過酷な環境下での、命がけのレース。   参加者には、体力のほか、適応能力、生命力、精神力など、 さまざまな能力が必要とされます。     ・Great Himal Raceへの挑戦     北田さんが次に挑戦するのは、2024年4月から5月にかけて開催される ヒマラヤ山脈横断およそ1,700kmレース、'Great Himal Race'です。   地球上最も高くそびえるヒマラヤ山脈。 最高標高は5,700mを越え、酸素は50%を下回ります。   体力消耗の激しい低酸素の環境で、 およそ1,700kmを51日間かけて競争するという、 北田さんにとっても最大規模のチャレンジです。   もちろん、誰でも参加できるレースではありません。   標高4,800m以上の経験や、アドベンチャーマラソンでの顕著な成績、 地図やコンパスを用いたオリエンテーションなどの経験、 救急救命の修了など、さまざまな条件をクリアする必要があります。   今回のレースの参加者は24名の予定で、 日本人は初参加。 北田さん含み3名の日本人が参加します。   高山病、雪山での滑落などのリスクがあり 期間も距離も長く、補給は村や小川で行います。   水はそのままでは飲めず、浄水剤を使用します。   想像を超えた過酷な環境での、極限のレース。   一方で、息をのむほどの美しい山々や星空、 山岳民族との交流など、 このレースにしかない経験を手にすることができます。   前回の2017年大会では 参加者30~40名のうち、完走者は11名という 超過酷なレースとなっています。       この投稿をInstagramで見る   北田雄夫/アドベンチャーランナー(@takaokitada)がシェアした投稿     ・北田さんと一緒にいくCOMP   今回の記事作成にあたって、 なぜCOMPを選んでくださっているのか、 北田さんご本人から直接コメントをいただきました!   「厳しい自然環境下で、自ら荷物を背負って走るという競技ルールにおいて、 人間に必要なあらゆる栄養素を、簡単に摂れる”完全食”がまさに求めていたものでした。 競技中はどうしても糖質・脂質・たんぱく質の「いかにエネルギー源になるか?」だけで選びがちですが、 長期間を勝負し続けると、爪や唇が裂けたり、体調が崩れたり、視力が低下することも起こります。 それらを防ぐためにも、ミネラル・ビタミンなどの栄養素もとても重要で。 また、粉末(パウダー)を混ぜた液体で摂取できることで、 内臓への負担が少なく、食欲低下時でも摂れることも大きなポイントになっています。」     長距離・長期間にわたって展開されるレースならではの 健康・体調管理が必要になってくることがよくわかるコメントです。 COMPとしても非常に勉強になりました。   COMPは2018年から北田さんの活動をサポートしています。 今回の大会用に選んでいただいたのは、以下の製品です。   ◇COMP Powder LC Plain v2.1  COMP パウダータイプ 糖質調整モデル プレーン   ・糖質量4.8g/400kcal ・ノンフレーバー(無香料) ・たんぱく質25g ・総ポリフェノール含有量:410g(400kcalあたり)   さらに詳しい情報はこちら https://www.comp.jp/products/comp-powder-lc/   ◇COMP Powder LC Royal Milk Tea v.1.0  COMPパウダータイプ 糖質調整モデル ロイヤルミルクティー   ・糖質量5.1g/400kcal ・ロイヤルミルクティー・フレーバー ・たんぱく質25g ・総ポリフェノール含有量:515mg(400kcalあたり)   さらに詳しい情報はこちら https://www.comp.jp/products/comp-powder-lc-royal-milk-tea/   ◇COMP Block TB v.1.0  COMPブロックタイプ トータルバランスドモデル   ・1個あたり100kcal ・個包装で持ち運びに便利 ・たんぱく質5.0g ・総ポリフェノール含有量:194mg(100kcalあたり)   さらに詳しい情報はこちら https://www.comp.jp/products/comp-block-tb/     ・一緒に北田さんの冒険を応援しよう!   この記事を通じて北田さんにご興味をもっていただいたみなさん、 北田さんの挑戦を日本から一緒に応援しましょう!   北田雄夫さんの公式サイトやYouTubeチャンネルで、 今回のレースを含む数々の冒険(アドベンチャー)を知ることができます。   (壮大なスケールのレースがたくさん紹介されています)   >>北田雄夫 アドベンチャーランナー 公式サイト https://takaokitada.net/   >>北田雄夫 アドベンチャーランナー 公式YouTubeチャンネル https://www.youtube.com/@takaokitada   >>北田雄夫 アドベンチャーランナー公式Instagram https://www.instagram.com/takaokitada/   今回も最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。     ※本ページの全ての写真はすべて 「北田雄夫 アドベンチャーランナー公式サイト」よりお借りしています。 二次利用等はお控えいただけますと幸いです。

もっと見る